日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
特にハワイなどでは散骨に関する法律規定が
散骨をめぐる問題散骨が陸地で行われる場合は、周辺住民との間で問題になる場合もある。海と空から起こる問題はほとんどありませんが、港湾および漁場·養殖場の場所は避けることができます。墓地がない"自然葬"の形をとる場合、見た目の人骨に知ることができることなど、散骨されている焼骨のかなりの量であり、"小さな瓶の中に入れていた骨粉をサラサラと撒く"という理由で行っていない。また、現在の"自然葬"の死者はわずかであるが、社会的な認識と一緒に希望者が増加すると、やはり散骨の場所を指定および管理方法を制定しなければならない。 陸地で行われる場合は、他人の私有地に無断で行うことができない。公有地は、決定はできず、それぞれの土地でも、近隣からの苦情が発生することができます。これは、"散骨"と呼ばれる葬送の方法が従来の埋葬に関する法律や条例の想定外にあることも関連している。米国ではすでに散骨を行った不動産の売買をめぐって、紛争の問題が発生している。 2005年(平成17年)3月に北海道長沼町は散骨を規制する条例を制定した。これは、散骨と呼ばれる新しい葬送の方法をどのように受け入れなければならないかをめぐる過度の対立が表面化しているものと考えられる。散骨を規制する側は"近隣の農地で生産される農産物の風評被害が広がる"と主張している。 なお、この条例については、同年4月、NPO法人"葬送の自由をすすめる会"が憲法に保証された基本的人権の"葬送の自由"を否定するもので、条例の廃止を求める請願書を提出したが、これにについては特に言及されることもなく、むしろこの長沼町で条例化をきっかけに、各地で散骨への規制が定着しているのが現実である。 実際には陸地で散骨は、宗教法人の墓地で、樹木葬儀などの形態をとって行われて私有地であっても散骨をしてしまった場合土地の買い手を見つけることができなくなどの民事的な問題が発生する可能性があるため、まず、陸地では(墓地を除く)散骨には起こらないない。 TBS『噂の!東京マガジン』に該当する問題(森林、牧場などの周辺では散骨)について取り上げたことがある。 海外散骨する場合は、特にハワイなどでは散骨に関する法律に規定されており、法律に適合し、観光を兼ねて勝手にする問題が発生する場合は、巨額の罰金を支払わなければならないことができなくなる。
[PR]
by groovymoon | 2010-06-21 15:04
<< 人類初の宇宙葬式とフィクション