日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人類初の宇宙葬式とフィクション
シューメーカー・レヴィ第9彗星の共同発見者であるユージン・シューメーカーは1997年に交通事故で急逝した後、2005年に遺骨が探査機ルナ・プロスペクターにより月に送られているが、これは2008年、現在の月面に対して遺骨を送った唯一の例、である。また、冥王星の発見者クライド・トンボーは1997年後の遺骨の一部が2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載された。ここでも、2008年、現在の在外宇宙に向けての遺骨が発射された唯一の例である。 初の宇宙葬式と思われるのは空中発射型ロケットのペガサスロケットによって1997年4月21日に開催されました。このロケットは、ジーン・ロッデンベリーなど24人分の遺骨が入っており、カナリア諸島の上空11kmから発射された。このロケットは遠地点578km /近地点551kmで公転周期96分の楕円軌道に乗り、2002年5月20日、オーストラリア北部に落下した。 次の宇宙葬は、上記のユージン・シューメーカーものであり、1998年1月7日アテナロケットを利用して月面への科学調査と同時に行われた。このロケットは、1999年7月31日月の南極付近に衝突した。 他には、次のような場合がある。 1998年2月10日30人前トーラスロケットによる打ち上げ、地球の軌道 1999年11月20日36人前トーラスロケットによる打ち上げ、地球の軌道 2001年9月21日43人前トーラスロケットによる打ち上げ、地球の軌道 フィクションの宇宙葬式は宇宙を舞台にしたいくつかの作品行われ、架空の葬儀の方法のいずれかである。宇宙船内での長い航海中の乗組員が死亡した場合に行われる場合が多い。死亡した人の遺体を入れた棺宇宙船など宇宙に流れる場合が多く、水葬のイメージを宇宙に移転することでも同じだ。
[PR]
by groovymoon | 2010-06-22 11:46
<< アメリカでは宗教的な理由で火葬... 特にハワイなどでは散骨に関する... >>