日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
アメリカでは宗教的な理由で火葬よりも土葬
棺桶に担ぎ手になるものはあらかじめ決まっているこの地域は、家の中に妊婦が持っている人は、生まれた子、縁起が悪いと言って役を免除される場合もあった。銭撒きと言う風習も庭、墓にお金を撒くこともあった。 体の入れ方は、膝を抱えてのように入れる一般の埋葬法だけでなく、頭を下にして、骨を折って埋葬方法もあった。これらは死者が蘇生しないようにするための呪術的な意味を持っています。同様に、石碑に土葬された死者が存続し、心配して出ないように意味が込められていた。店では、数年後、墓を発掘、骨骨壷に入れているところもある。 東京と大阪、名古屋などの条例(東京の場合は、"墓地等の構造設備及び管理の基準等に関する条例施行規則")によって土葬を禁止している自治体があるが、法律は、火葬も土葬も平等に扱われる(感染症の病原体に汚染された疑いがある場合を除く→感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第30条)。 天皇陛下に関しては、基本的に土葬であり、王陵(墓)を積んで埋められる。しかし、皇后以外の皇族は、本人の希望で、最近火葬している場合が増えている。 米国の土葬アメリカでは宗教的な理由で、火葬よりも土葬を好む傾向が強い。これは、キリスト教の最終的な判断に際しての死者の復活の教義を持っているので、教会の見解に火葬を禁止してきたことが背景にある。しかし、2007年から始まった世界的な不況の影響でコストをかける土葬より火葬が行われることが増えているとする。
[PR]
by groovymoon | 2010-06-24 16:15
<< プロテスタントの葬儀も日本では... 人類初の宇宙葬式とフィクション >>