日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
分骨ごとの埋葬許可書が必要な場合も
海外の納骨堂 サンフランシスコの納骨堂(columbarium)土葬終了火葬の代わりにすると、遺骨の納付場所、参拝の場所に建てられる場合が多い。キリスト教でもcolumbariumと同様の機能を持つことは、教会の内部や周辺に設置されている場合がある。 遺骨(いこつ)、死者の骨。白骨化した遺体と火葬してによって骨と化した死者を指す。一体、または1柱(はしら)と数えるのが通例。 焼骨・納骨 通常の葬儀の場合は、告別式の後遺体は火葬場で荼毘(火葬)に付され、遺骨は親族などで骨壷に含まれている(骨揚げ)。骨壷に盛られた遺骨は、故郷への長いすまたは寺院に預けられた墓地や納骨堂があれば、四十九日まで墓地(納骨堂)に納める(納骨)されるのが通例である。墓相式の納骨は、納骨堂に赤土を敷いて含まれ、骨壷より納骨袋に移して納骨するか、遺骨をそのまま納骨することが吉相としている。 分骨1人の故人の遺骨を2つ以上の別の場所に分けて納骨する分骨する。また、場合によっては、分骨ごとの埋葬許可書が必要な場合もあり、もう一度納骨される遺骨を分骨の場合、当事者(遺族の墓地の棺理など)の立会いが必要です。 利用法遺骨は、昔から"骨を拾う"(死者を火葬し、骨揚げのもの)のような慣用句でもわかるように、死者の形見のいずれかに重要視されてきた。だから遺骨争いも起きて、遺骨を墓に埋葬されたりもした。今では遺骨はDNA判定に貴重な素材として使用され、遺骨を粉にした遺灰を珪素など混ぜて、死者の遺骨入りのペンダントトップなどに加工され、特異な例として、故人の生前の意志で自分の遺灰で、自分の愛だったフリスビーを作成するなど、新たな様々な利用法が生じている。 骨壺(こつつぼ)は、人間と動物の焼骨・洗骨を収めるための容器である。このトピックでは、日本の例を中心に述べる。 歴史古代には、蔵骨器(または骨蔵器)と呼ばれ、土師器と須恵器の壺を転用したものが多かったが、金属製のものや石をくりぬいものなど、多様性が豊かだった。ふたや本体に銘文が陰刻されている場合も多く、非常に貴重な金石文史料である。中世にも常滑焼、瀬戸焼、信楽焼などの大衆的な陶磁器が使用され、五輪塔などの石造物の下ややぐらに埋納された。 現代でも陶磁器使用が基本である。最近ではデザインも多様で、一部は自分で絵を描くことを生前に選定することも行われるようになった。また、ペットの骨壺を使用するようにした。
[PR]
by groovymoon | 2010-07-09 15:08
墓地、埋葬等に関する法律など >>