日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
標準化が進む葬儀での服装
服飾 日本の今までの葬儀に習慣、葬儀を悲しませるの死者との別れの見解では一般的に派手な服は歓迎して、ほとんど規格化された黒の喪服が使用されてきた。これは、日本およびその他の一部の国だけの常識であり、国民の服まで様々である。たとえば、中国では、普段着、韓国は韓国服を着るか、遺族は、着色のない粗末な服を着る。これは、親の死は、子供たちの誠意が不足していた結果だと考えて謝罪の意を示すためにである。インドネシアのバリではお祭りのような派手な衣装で、男女ともに身を包む。これは、死者が天に挨拶のために、縁起の良い礼儀だと思って。 日本の通夜、告別式などの親族以外の人が集まれば、それぞれの服装については、一般的に黒を基調とした服を好む風潮がある。地域によっては通夜も喪服が礼儀であるとの見方もあるが、一般的に通夜に喪服に参加するのは失礼にあたる(喪服と葬儀を期待していたことを失礼の考え)。具体的に通夜は急に行われる場合が多いので、参加する姿勢が重要だと考えている人もいる(仕事などで作業着しかない場合などはそのまま)。特に、避けることは、次のことである。 避けてきたもの 毛皮素材ファー(殺生を意味する) 貴金属類(真珠は可能です。) 濃い口紅 派手な服 上記のように、多くの日本人は、しっかりした宗教観、死生観を持たない場合が多いので、死をタブー視忌み嫌い、葬式は儀式としての形式にこだわっ意識過剰に陥った残り、周囲の過度のあわせよしようとする風潮が強い。そのため、横の当たり障りのないような服装やマナーが各地域に応じて、完成された。最近では葬儀業者が助言を与えることが多いため、全国的なローカル色は消え、より標準化されている。
[PR]
# by groovymoon | 2010-07-05 17:55