日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
遺髪、遺品を納骨堂に保管
水葬(すいそう)は葬儀方法の一種で、遺体を海や川に投げる方式である。火葬のような処置はしない。 水葬が行われるのは、 インドのガンジス川流域などの(宗教的理由)。 海上での死者(軍民問わず)と上陸戦での犠牲者に対して(遺体移送が困難な場合は、世界的に行われている)。 軍隊(儀仗兵の儀式して一度国旗を覆い、滑り台は、海に投下)。 などである。 2009年現在、日本では、法律では、原則的に禁止であり、刑法第190条の死体遺棄罪に対応する。 例外として、船員法15条の規定により船舶の航行中船内の人間が死亡したときに、船長の権限として水葬が起こることができます。 船員法に基づいて水葬には、次の条件をすべて満たしている必要があります。 (船員法施行規則第15条、第16条) 死亡後24時間が経過すること(伝染病を除く) 衛生上、船内の遺体を保存することができない。 (ただし、船舶が死体を載せて入港することを禁止された項に入港しようとしている場合は、その他の正当な事由がある場合を除く) 医師乗り組む船舶で医師が死亡診断書を作成した。 伝染病は一度死亡したときに、十分な消毒を与えるの事。 本人の写真撮影、遺髪、遺品を納骨堂に保管し、体を浮き上がらな処置をとるにはかなりの儀礼を持って実施すること。 また、自衛隊も水葬に関する事項を明示している(防衛省訓令 隊員の分限、服務等に関する訓令・第21条)。
[PR]
# by groovymoon | 2010-06-30 16:40