日本では火葬にして喪に服すのが一般的ですが世界には色々なお葬式がありますね。
by groovymoon
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
プロテスタントの葬儀も日本では仏教様式
プロテスタントの葬儀は欧米では、日中の葬儀・埋葬礼拝のみである場合が多いが、日本では仏教の葬儀様式に慣れている参加者の便宜を図って、前日と当日の2日間の典礼をすることが少なくない。この前夜の式典は、呪術的な必要性から遺体を不寝番することを意味する"通夜"を避け、"前夜式""前夜の祈り"と呼ぶ。前夜式は自宅で行うことができるが、教会堂で行うことも多い。 告別式の行事は、礼拝そのものであるため、その式次第は、基本的に通常の日曜日の礼拝と同じで、故人が地上で行う最後の礼拝と意味付ける教派もある。したがって、基本的に教会で開かれた祈祷、聖書朗読、説教、賛美歌、祝福などにより構成されている。これを実行して、友人などによる追悼の意、遺族の挨拶、献花などが追加されている場合が多い。故人の略歴の紹介記憶の疲労などは、牧師の説教に含まれている場合にも、別の項目になることもある。 キリスト教(特にプロテスタント)は、人の死は忌むのではなく、人々の魂が地上の肉体を離れて天の神とイエス・キリストのところに呼ばれるだけであり、イエス・キリストの再臨の復活の準備にすぎない(このことからプロテスタント諸教派は、信徒の死を"召天"と呼ぶことができます(昇天ではない))。したがって、死は天国で故人と再会できるようになるまでの一時の別れであり、地上に残された人(遺族などの生存者)に別れが寂しく慰めになるのだが、死自体を悲しむことはないと説明されている。 キリスト教徒の比率が低い日本では、参加者はもちろん、遺族さえもキリスト教で占められることを期待することができないので、宗教的純潔主義の主張より地域の風習を尊重する人々への配慮が優先されます。前夜式を設定するのは既出だが、香の代わりに献花、"香典""仏前"ではなく、弔慰金の名目"御花料"などは、すべてそのために考案され、その後の信仰的な意味の接続を尽くしていることである。同様の理由で六曜"友引"は、葬儀を前に、これはほとんどの火葬場が休業という仕方ない事情もある。また、死を穢れがないため、"清め塩"は使わない。 正教会の詳細については、"埋葬式"、"パニヒダ"を参照して アレクシイ2世の埋葬式の形態(救世主ハリストス大聖堂)。基本的に、パニヒダや埋葬式などは、教衆は、白のローブを身に着けて、参加者は黒の喪服を着ているのが一般的である。 振り香炉ギリシャ正教とも呼ば正教会の葬儀は、埋葬式と呼ばれ、連祷と無伴奏声楽の聖歌で構成されている(正教会の聖歌は無伴奏声楽が原則である)。永眠した正教徒も、神の罪の赦しを受けて天国に入り、神の記憶を得て、永遠の復活の命を与えることを祈願するものである。また、正教会では、前晩に開催されるパニヒダは初代教会から大事にされている伝統となって、前日のパニヒダを通夜と呼ばれることもあまり忌避されていない("パニヒダ"の語源はもともと"夜通しの祈り"という意味である)。 土葬が基本であるが、日本正教会は、諸般の事情に応じて、仕方なく火葬をしている。 正教会は、"逝去""無くなられた""故人"ではなく、それぞれの"永眠""永眠された""永眠者"という用語が使用されている。これは、正教会では死は来世の復活の命を与えるまでの一時的な睡眠に考慮されているのである。 正教会の奉神礼(礼拝)は立っているのが基本である。起立の姿勢は、伝統的に"復活の生命に与って立つ"を象徴するというのである。だから司祭・輔祭・詠隊(聖歌隊)はもちろん、参祷者も埋葬式されている間、ずっと立っていくことが求められている。しかし、もちろん、身体障害者や高齢の参祷者は例外とする。 正教会も、香炉は、使用され、大切な習慣を置いていますが、振り香炉を処理するために、司祭と輔祭であり、参祷者が香炉に触れることはない。参祷者が永眠者と対面するときは、棺の献花の習慣がある。 正教会パニヒダや埋葬式は、輔祭(輔祭を持っていない場合は、司祭)が永眠者の霊(たましい)の安息を願う祈祷文を朗誦後に"永遠の記憶、永遠の記憶、永遠の記憶"の3番目の歌う聖歌の列としての結論を出す。人を生かす神の永代供養が与えられることを願う祈りである。
[PR]
# by groovymoon | 2010-06-30 10:57